【傲慢の罠】スピリチュアルを「全く」信じない人が復縁できない理由

toukai concierge
スポンサーリンク
【傲慢の罠】スピリチュアルを「全く」信じない人が復縁できない理由

◆直接無料復縁メール相談はこちらをクリック→http://goo.gl/p0OTS
◆復縁コンシェルジュの復縁メルマガ登録はこちら
→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=186879 (アドレスのみでOK)
◆復縁コンシェルジュは何屋さんなの?→https://youtu.be/tBTbtWW-nBI
◆ネット復縁工作のサイト→http://www.concierge-toukai.jp/

自分より「無条件に」「何の理由も理屈もなく」、圧倒的に偉い存在がいるという事を信じられますか?
「そう想像できますか?」

真面目で勉強家の人はたくさん勉強して理論的な思考回路を身に着けていきます。
そして理屈っぽくなっていきます。

理屈っぽくなってくると想像力が欠けてきます。
「スピリチュアル的なパワーなんて計測できない」という理屈を信じ、「あるかもしれない」という非科学的想像力が欠けていきます。

その想像力の欠如のせいで、
人の気持ち(元彼元カノの気持ち)を想像できない原因になっています。

そしてスピリチュアルなものを全く信じない人たちが、
傲慢になって調子こいて、超自己中・超身勝手になってしまう事は歴史が証明しています。

スピリチュアルを信じられない人たちは、
逆にスピリチュアルを完璧に信じなくなった論理的な人たちが歴史にどんな傷跡を残してきたか研究してみると良いです。

池上彰の現代史講義 第08回 「カンボジアの悲劇」

そうすれば「スピリチュアルを全く信じない人間はヤバい」という「理屈」に気付くはずです。
それが「理屈」であるなら、理屈っぽいあなたもそれを信じられるはず。

小さなことの積み重ねで人は「傲慢」になります。
傲慢はモラハラの根本的な素質です。
気を付けましょう!

コメント

ライフスタイル動画アンテナ